自然素材+αのオールアース住宅でもっと健康的な暮らしを

ゆっくり落ち着ける我が家のはずなのに

このようなご経験はありませんか?
レジナでは、早くからこれらの原因が電磁波にあるのではないかと仮説を立て、研究を重ねてまいりました。その結果、電磁波の影響を最小限に抑えた人に優しい住まい「オールアース住宅」の開発に成功しました。

オールアース住宅とは?

オールアース住宅とは、建物から発生する電磁波(電場)を、導電性シートを使ってカットした住宅のことです。

家から出ている電磁波に気付いてください

パソコンや携帯電話から電磁波が出ていることは、みなさんご存知のとおりです。しかし、電磁波の発生源は、もっと身近で見えないところにもあるのです。それが「家」です。住まいから電磁波が発生しているということを、ぜひ知ってください。しかも、昔の家よりも新しい家のほうが電磁波が強くなっているのです。

今の家が電磁波が強いわけ
パソコンや空気清浄機が一般的に使われるようになったのはごく最近のこと。今や1部屋に1台が当たり前になったテレビやエアコンも、ほんの数十年前までは「一家に1台」と言われていました。家のなかに家電製品が増えたということは、それだけ電気をたくさん使うようになったということなのです。

一般家庭の電気使用量は、わずか40年で5倍以上になりました。電気をたくさん使うために、建物も変化しています。建物の内部には、外の電柱から各部屋へ電気を運ぶための屋内配線が通っています。家電製品のプラグをコンセントに差し込むと電気が使えますが、このコンセントの先(壁の内側)から配線が通っています。

屋内配線は室内の壁のなかを縦横無尽に張り巡らされています。室内は、まるで電気コードの鳥かごのよう。25年前は2階建ての住居1軒あたりで150mほどしか使われていませんでしたが、今はなんと1,000m以上、約7倍の量のコードが使われているのです。

屋内配線から発生する電磁波

床下や壁の内側を通る屋内配線からは、電磁波が発生しています。電化製品の場合、電磁波はコンセントに差し込んでいるときしか発生しませんが、屋内配線の場合は一日中ずっと発生し続けています。家にいる限り、電磁波に囲まれている状況になりかねないのが、現代の住まい。屋内配線はブレーカーを落とさない限り常に電圧がかかっているため、配線が重なった場所からは特に強い電磁波が発生しています。

アースで電場をカットする「オールアース住宅」

電磁波のうち「電場」はアースでカットすることができます。電化製品ならば、アース付コンセントで電場がカットされていますので、パソコンを使うときなどはアースをすることをおすすめします。では、パソコンと同じように電場が発生する家(屋内配線)はどうすればアースができるでしょうか? それを実現したのがオールアース住宅です。

オールアース住宅は、屋内配線からの電磁波(電場)をアースすることによりカットし、健やかな住まいづくりを実現しました。今の暮らしの便利さはそのままに、余分なものだけを取り除くことができたら――そんな想いから生まれた住まいです。

オールアース住宅のすべてが分かる!